image

持病があるとできません

ミュゼは肌に優しい脱毛をすると人気のサロンです。

脱毛効果も高くてとても満足できる仕上がりになると評判で、また料金も良心的なのが人気の秘密です。

そんなミュゼでも、どうしても脱毛ができないケースがあります。それは、持病がある時です。持病と言ってもいろいろありますが、甲状腺疾患や糖尿病、てんかん発作、ケロイド体質、そしてアルコール依存症です。

肌が極端に乾燥していたり、アレルギーやアトピーも肌の状態によっては脱毛できないことがあるそうですよ。

まずは健康を取り戻そう

エステやクリニックで脱毛すると、肌に刺激を与えることになります。一時的ですが、肌が赤くなったりすることがあるのです。

脱毛の前後はアルコールを控えてくださいね、と言われますが、これはアルコールによって血流が良くなり、肌に炎症を起こしやすくなるからなのです。

アルコール依存症の場合、アルコールが止められない状態なので脱毛はできないと判断されるのです。

他のところでは断られても、ミュゼは施術してくれるのではないかと期待している人もいるようですが、残念ながらできません。

まずは心と体の健康を取り戻すことから考えましょうね。脱毛は健康になってからいくらでもできます。



ミュゼ